結束バンドは食品関連でも使われています

結束バンドと言えば電化製品のケーブル類をまとめるのに大変役立つものですが、実は食品関連でも使われます。

例えば、袋詰めした食品の袋の口を締めるのにも使われます。この場合は一般的な形の結束バンドではなく特殊な形をしたものです。また食品工場内でも使われます。食品を製造する機器にケーブルが使用されることもあるので、そこでも結束バンドが活躍するのです。ですが、工場は一般家庭のような温度や湿度の環境であることは少ないので、結束バンドに長い間、熱が加わったり、力が加わったり、酸やアルカリといった薬品に晒されることもあります。

そうなれば次第に劣化し切れてしまうこともあるのです。ところで、工場のラインで食品を製造している場合、品質には気を遣うところです。例えば、異物が混入した製品が消費者の手に渡ってから発見されると、販売した製品を回収しなければならず、金銭的な損失があるだけでなく、メーカーとしての信用がガタ落ちになることもあります。そのためラインの中に金属探知機を置くなどして製造したものを一つ一つを検査して異物発見に努めています。

先ほど書いたように結束バンドも劣化するので、どこで切れてしまうかわかりません。最悪は異物として混入することも考えられます。ですが、金属を混ぜて作ったタイプがあり、これだと金属探知機が反応し見つけることが出来ます。つまり異物として入っても検出されるので安心感を得られます。このように使う環境によって最適なタイプを使い分けることが大切です。
食品の結束バンドのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *